百鬼丸もどきのほぼ広島グルメ

広島を中心に年間約400軒食べ歩きしています。たまに西日本をウロチョロと

【どんちゃん】福岡の味を広島でも。かわ屋で10年修業した本場の味(中区八丁堀)

スポンサーリンク

こんにちは、百鬼丸もどき (modoki_maru) です

今回紹介するのは 博多とりかわ 焼き鳥 どんちゃん さん、2020年5月にオープンした焼き鳥屋さんです。5月はコロナの影響でテイクアウトのみでしたが、6月から店内営業も開始して本格的にオープンしました

f:id:modokimaru:20200605054316j:image

店主は福岡の かわ屋 で10年働いたとのこと。鳥皮が有名でいつか行ってみたいお店の一つでした。福岡の味が気軽に楽しめるようになりましたね

▼店内はテーブル24席、カウンター8席ありました。無駄がなくシンプルですね
f:id:modokimaru:20200605054354j:image


▼メニューです
f:id:modokimaru:20200605162133j:image
f:id:modokimaru:20200605162143j:image
とりあえず、とり皮は必須でしょうね


▼とり皮(120円)
f:id:modokimaru:20200605054411j:image
脂が落ちていて、食感と旨味が残っています。噛むのがクセになる一品ですね

▼ササミのしぎ焼風
f:id:modokimaru:20200605054423j:image
ワサビ強め注意。固くなくて、ほぐれるような食感がいいですね

▼ダルム(110円)
f:id:modokimaru:20200605054438j:image
豚の大腸で、福岡ではわりとポピュラーなんだとか。風味も味わいも癖がありますね

▼砂ズリ(120円)
f:id:modokimaru:20200605054456j:image
適度なコリコリ食感が楽しめます

▼バラ(120円)
f:id:modokimaru:20200605054508j:image
脂の旨さがちょうどいいですね

▼ハツ(110円)
f:id:modokimaru:20200605054522j:image
これだけ味の記憶がない

▼サガリ(200円)
f:id:modokimaru:20200605054532j:image
肉らしい味わいが楽しめます。少しサイズは小さいかな


▼〆のスープ
f:id:modokimaru:20200605054544j:image


串は玉ねぎと刺してあることが印象的ですね、福岡ではそうなのかな。ポーションは小さ目ですけど、その分リーズナブルなのも特徴。色んな味を試しやすいです

メニューでは2本~と書いてあっても、1本からでも注文可能でした。もしかしたら1人だったからかもですけど
平日でしたが思った以上の客入りでした。19時以降は予約で満席みたいで、早くも人気店になりそうな気配がしますよ

--------------------------------------------------
【店名】博多とりかわ 焼き鳥 どんちゃん
【住所】広島市中区八丁堀8-6 さくら八丁堀ビル 1F
【時間】17:00~24:00
【休み】日曜日
【その他】▫️32席(カウンター8、テーブル24)
--------------------------------------------------